ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

アレ拾い

ココアケーキを焼いておやつに食べる。

f:id:yuugataJoxaren:20140907122716j:plain

全粒粉、薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダー、岩塩、ナツメグ、豆乳、オリーブオイル、胡桃、クランベリー、プルーンが入ってる。
今回は焼き上がりにラム酒メープルシロップを混ぜたやつを表面に打つ。

ドライフルーツとシロップの甘味だけなのでスポンジ生地の部分はココアの風味がする。パクッと食べて口の中で甘味と苦味が混ざって丁度良いバランスの味になるからこのケーキは気に入ってる。

このケーキはしっとり感はあるけどモチモチしてないし、フワッとしてるけどパサパサじゃない。ちょうどいい。
ココアのケーキは30回くらい作ってるなぁ。

何度も繰り返し焼いては味見をする。
翌日にケーキの乾燥チェックをして、味の馴染み感を確認して、食べた時自然に顔が笑顔になればそれは自分にとっての良い物である。

笑顔モノのケーキやおやつは、時々他の人に試食して貰う。自分の好みと他者との違いを単に知りたいだけなんだけど。

甘い、苦い、酸っぱい、塩っぱい、軽い、濃厚、人により感想は様々で「そうか、この方はこう感じるんだなぁ!」
ケーキその物の見え方や感じ方の面が増える。情報が増える。

おやつ以外の普段の事でも、自分の好みや考え方が他者からするとどう感じるのか?は様々だから「そーゆー考えもあるんだな」と面が増える。情報が増える。
平たく言えば会話して交流してくと面が増えてくよな。

増えてく中には、違和感に出逢う時がある。

この何だか違和感あるスッキリしない情報は「アレ?」と自分の中で引っ掛かるから「何でそうなのかなぁ?」と考えるきっかけになる。

沢山あるし、短期間で「何で?」の答えが見付かる訳ではないんだけど、毎日の生活で「アレ?」をどれだけ拾えるか?が自分にとって大切な事になってる。


☆東京氣塾9月14日(日)神保町で開催☆

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい