ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

ビリヤニ食べたい

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法②④⑦を廻す。
通勤電車の中で内丹法②〜⑥迄練習してその後チャンダリーを練習した。

秋になるとイベントが沢山あるから愉しみなんだけど、今月は代々木公園で「ナマステ・インディア2014」日本最大のインドフェスがある。

ベジタリアンの食べ物のコーナーもあって、去年はビリヤニを食べた。また食べたいなぁ。お菓子も結構甘いけど興味深いんだよな。

ダンスや音楽などのステージとか、食べ物や雑貨や食器や衣料や、石のお店もあったし、ヘナで皮膚に模様つけるメヘンディのブースもあった。メヘンディ、面白そうなんだよな。

展示コーナーと講義が聴けるコーナーがあって、去年はアーユルヴェーダについての基本を教えてくれる講義を受けた。

講師の女性は、開始前には普通にリラックスして座ってて、スタッフの方はスライドの準備をなさっていた。
ではそろそろ始めましょうか、とその方は目を閉じて両手を併せて集中する。

自分はそれが何なのか知らないんだけど、唄の様な、祈りの様なリズムのある言葉を数分唱えていた。

それを眺めていたら自分の6番、7番チャクラが反応しだして頭部にサラサラした氣がフワッと降ってきた。去年の9月頃はマスターヨーガの7番に入ってから一ヶ月程経過していた。

講師の女性はゆっくり目を開けてから、普通にアーユルヴェーダについて話を始めた。その時には、自分のチャクラは反応が終わっていた。うぉー、トンレンの練習が活かせてるよ〜!と思った。
この方は自らの言葉と他の力も使用して講義を進めてるんだなぁ。と思った。
6番、7番チャクラとはそーゆーことでもあるんだよな。

その後も色んな機会がある中で、何度か同じ様にチャクラが反応する機会がある。そうやって何度か繰り返してデータを取って行くと「こーゆー事か!」と判ってくる。

誰かの言葉ではなく、誰かの知識でもなく、「こーゆー事である」が自分で判ってくるとゆーのはとても面白い。

その後に自分の判ってきた事と他の方の仰る事を照らし合わせたりするのも面白い。


☆東京氣塾9月14日(日)神保町で開催☆

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい