ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

そっちの方向に向いた

試作8号になる豆腐のベイクドケーキを作った。
そろそろこのシリーズを御覧になってる方は「また〜?」って思うかもしれないが、またです。でも今回で修了だからね!

f:id:yuugataJoxaren:20140823183701j:plain

米飴、メープルシロップ甜菜糖の3種で甘さの奥行きが増した。
酒粕を少しだけ加える事で味の輪郭がはっきりした。
冷凍して、半解凍を食べると旨い。

試作で同じおやつを食べてると飽きちゃうんだけど、コレは毎回作って食べるのが楽しみだった。
8号まで作ってレシピも整ったので豆腐のベイクドケーキはコレで行こう。ハイ、修了〜。


数年前は体調不良のひとつに胃腸の不具合が生じていたので生活が愉しくなかった。でも思考は食べたい!と要求してくるので精神に負荷が増していた。

電車に乗っても具合が悪くなって、ひと駅ごとに下車してトイレ行って、また乗って、また気持ち悪くなって、また降りてを繰り返すから目的地につく迄時間がかかった。諦めて約束をキャンセルしたり、仕事も欠勤する日が増えた。
病院で処方された薬は自分には効果が無いか、副作用が強かった。

ある日ふと、お菓子は自分で作ってみようかな?と思った。
ネットで、ある方のパウンドケーキのレシピを読んだら、その方はビーガンだった。

植物性の材料のみでパウンドケーキが作れるのかぁ。どんなかなぁ?と興味が湧いたので作ってみた。

物凄くまずかった。

今思えば、その方のレシピがまずいのではなく、自分の作り方や材料の品質に問題があると判ってるんだけど、当時は自分に問題があると判らなくて、非常に腹が立った。

「こんなまずいものをパウンドケーキと呼んではいけない。植物性の物だけでも、もっと旨く出来るだろうがぁ!」って、表面はガチガチのアーモンドプードル味のういろうみたいなものを食べながら考えた。作るのもういいや、やめたとは考えなかった。なんでかなぁ?あの時何故かそっちの方向に自分が向いたんだよな。

それから菜食レシピを何度も調べて、作り方を見直して、材料も買い足してるうちに面白くなってきた。
食べても胃腸が痛くならなかった。
あ、コレはいーなぁと思った。
食事も菜食を増やしたら体調の変動が少なくなってきた。暫らく続けようと思った。

お菓子や食事以外にも菜食の方のブログやサイトを読んだりしていると、考え方や世の中の事で自分が知らない事が沢山あった。非常に面白くて、自分に違う面から見ることを教えてくれた。そーゆー考え方もあるんだなぁ。って教えてくれた。

足して整えるより引いて整える方が分かり易い。

人の言うことを鵜呑みにせず自分で確かめて判断する。

出来る事から始めればいい。

とある菜食の方のブログ記事を読んでて、たまたまリンクを貼っていた先に飛んだら面白くて、そこの記事からある事を知って、実践して驚いて、数週間調べてたらいつの間にかマスターヨーガに関係したブログを読んでいた。

「呼吸の仕方でメンタルが調整出来るのか⁈なんだそれは。1番シンプルな方法じゃん!」って思った。
なにやら習ってる人達も凄い方ばっかりだなぁ。と平凡な自分とは無縁の、面白記事を拝見してた。

数ヶ月後には東京氣塾に参加してる自分が居るとはこの時は考えてもいなかった。何がどう繋がって今になってるんだか。


★大阪氣塾8月31日(日)神戸元町で開催★
☆東京氣塾9月14日(日)神保町で開催☆

↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい