ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

船のターミナル

朝、ベランダで内丹法②〜⑦→退陰符を30分くらい練習する。
その後も風が涼しかったから、ベランダで本読んでた。

横浜港大さん橋国際客船ターミナルに行ってきた。
別のイベントに行ったんだけど、観たかった催し物が明日だった。
関内の80*80さんで昼飯を食べながら明日だったねぇ!と話してたら同行した友人が、さっきチラシ見付けたから、大さん橋でのイベントに行きたい!って言ってくれたので、急遽予定を変更した。
彼女と行動すると、急な出来事が起きても2人で「じゃあ、こうしよっか〜!」ってすんなり変更出来る。
そんで大抵の場合、いー感じのタイミングで面白い事に遭遇するのだ。

遠くからターミナルを観たことはあったけど、実際にその場に行くのは初めてだった。毎度の事ながら、海は自分の氣を持ってかれる!海に近付くとボーッとしてしまうのだ。禅モードで考えようとしても吸い取られる感じ。

横浜でも、鎌倉でも、横須賀でも海はボーッとする。何でこーなのかは、まだ理由が分からない。そのうち判るかなぁ。

f:id:yuugataJoxaren:20140816194406j:plain

大さん橋ターミナルの中は、船を待つ乗客とイベントに来た人と、観光で寄った人とが混ざっている空間だった。

イベントでは、横浜で朝取れた野菜を販売してたり、プラネタリウム上映してたり、環境関連のワークショップが沢山あった。ランチを食べた80*80さんも出展なさってたので、ファラフェルボール(豆のコロッケ)と人参のパウンドケーキを買った。
f:id:yuugataJoxaren:20140816195147j:plain

菜食を始めてから、ファラフェルを知った。お店によって味や豆の食感が変わるから、見付けると買って、食べるのを愉しんでる。ちなみに自分では作らない。

イベントステージ前の円卓で食べてたら「天気の不思議」についての講座と実験が始まる時間だった。
気象予報士天達武史さんとゆー方が出演なさってて、同行した友人はとても嬉しそうだった。
自分はTVを観ないから知らないのだが、いつも友人は気象キャスター天達さんの天気予報を観てから出勤するそうだ。
会場から子供達が「アマタツ〜!」ってコール上がる。へえー⁈

彼をトンレンしてみた。
安定感のある2番でくるくる廻ってた。
会場の観客との氣の循環が始まってた。
場の氣が増えてワクワク感が強まる。トンレン便利だなぁ。

雨はどうやって出来るのか?とか雲の形は高さによって変わるとか、竜巻の出来る仕組みとか、風力で電気を作るとかを分かりやすい言葉で解説する。へえー⁈

最後に会場から質問を受けてて、1人の子供が「どうして気象予報士になったんですか?」って質問に応えてたとき、彼の4番が活性化しだした。
以前、ファミレスで働いていて、その日の天気によって必要な食材の量が変化する。沢山発注しても天気が悪くてロスになったりその逆に足りない事も起きる。
だから天候について調べた。
天候を知る事で、発注を調整したりできる様になった。

彼は楽しそうに応えてた。4番は元気に廻ってた。やりたい事を繋げて現在に至ってる、そーゆー記憶と想いが4番から出てると思った。今日まで知らなかったひとに興味をもたらすとは、やっぱりトンレン面白いなー!


☆東京氣塾の生徒さんが集まってトンレンの練習会をしてます。
「トンレン部」です。
次回のトンレン部は

日にち:8月30日(土)
時間:13時〜17時
場所:渋谷区の幡ヶ谷駅周辺の一室をお借りして行います

参加料:¥2000
参加条件:氣塾または個人レッスン
または遠隔レッスンで施術を済まされてる方のみ。
問い合せ、参加申し込みは下記アドレスにご連絡下さい。

vegeviva☆(☆→@icloud.com)

どうぞ宜しくお願いします。