ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

思いたったので書いとく

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法②④⑦を廻す。
通勤電車の中で内丹法②③④⑤⑥→マスターヨーガ⑦→退陰符の練習してからチャンダリーをする。

マスターヨーガも内丹法も、体内の氣の内圧をコントロールする事が重要だと思いますが、内圧の体感が無い場合どうすればいいの?って思う方はいらっしゃるかなぁ。

自分の場合はとにかく沢山発電して、体内をパンパンにさせる。それを退陰符で下げると降ろした分だけ、パンパンのゾーンとスカスカゾーンが出来るからその違いを感覚で覚えとく。

頭頂開調息で頭部の氣も抜けば、パンパンとスカスカとの違いがわかる。
これを何度も繰り返し練習する。

コレは基本の呼吸法三種類で出来る。

それでも体感がないんですぅ〜。って方もいらっしゃるかなぁ。

次に自分の場合は「待て」と「よし!」を使う。例えば2番チャクラの位置で氣を溜めてくイメージを使う。待て、まだ。待てよ?って暫らく溜めてるとその部分に圧がかかり、パツパツになってくる。
その後に、よし!って溜めてたイメージを解くと氣が上昇するので気脈の体感もわかりやすい。

いやいや、それでも体感がないんですぅぅ〜(´・Д・)」って方もいらっしゃるかなぁ。

更に次に自分の場合は、4番の奥とトンレンする。もしくはズブズブと入り込む。
最初のうちは「ええ⁈何してんのォォー⁇」って奥から拒否られるかもしれないけど静まるまで根気良く繰り返す。

あ、だんだんマスターヨーガを知らない方が読んだら意味が分からない説明になってきたな。ま、いーか。

この他にも内圧を感じる為に色々試し済みで、現在の自分は体感があるから、なんとか理屈について行く事が出来てる。
自分の場合の氣のコントロールの仕方はトンレン部とかで試してますので、興味のある生徒さんはリクエストしてみて下さい。


☆東京氣塾の生徒さんが集まってトンレンの練習会をしてます。
「トンレン部」です。
次回のトンレン部は

日にち:7月26日(土)
時間:13時〜17時
場所:渋谷区の幡ヶ谷駅周辺の一室をお借りして行います

参加料:¥2000
参加条件:氣塾または個人レッスン
または遠隔レッスンで施術を済まされてる方のみ。
問い合せ、参加申し込みは下記アドレスにご連絡下さい。

vegeviva☆(☆→@icloud.com)

皆さんの練習の場にどうぞご利用下さい(^^)