ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

細かいのをまとめてみる

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法で②④⑥⑦を廻す。
通勤電車の中で内丹法②③④⑤⑥→マスターヨーガ⑦→退陰符→瞑想する。

各チャクラを強化練習してる期間とゆーのは、自分の場合サクッと進む時と、そうでない時がある。マスターヨーガを2番から7番迄ひととおり教わって、今は内丹法で2番から7番の取っ掛かりに入ってる。
2番を練習してた期間は、とにかく踏ん張り、根気よく継続する事や、めげないポジティブな考え方を学んだ。
3番の時は、何度も突発的な事態が起きたが、先ずは落ち着いて感情に流されずに考えて行動する事を学んだ。

この二つの期間はとても大切な経験になっており、以前の自分なら確実に事態に翻弄されていたから、3番の終わり頃には周りの反応が少し変化してきたのを感じ出した。

4番を強化していた期間は、最初はニコニコで練習していたけど、そのうち自分って何なの?ってどんどん考えてしまってとても苦しい期間だった。何でこーなんだ?とか、どうしてこう感じるのか?とか答えが見つからない事が沢山溢れてきて1日の中でクルクル考え方が変化した。

1段目のマスターヨーガの4番の時は、その感覚が初めての事ばかりだったから、本当にきつかった。2段目の内丹法の4番の時は乗り越える事が出来る!って自分で解ってたから、何とか頑張れた。

5番の期間は、何故かサクッと終了してしまった。
以前体調が悪かった数年前に、喉の圧迫感がずーっとあった。朝起きて夜寝る迄喉に親指をグッと当てられてるようで、内側に塊が詰まってるようで、呼吸が辛かった。
病院で検査してストレスですって診断あって、処方薬を服用しても治らず毎日辛かったんだけど、5番チャクラを練習する頃には圧迫感がなくなってた。

6番の期間は感覚が鋭くなって、へえー⁈とか楽しんでたけど、周りの環境と自分との関わり方を見直す事が何度も起きた。
相手起点で考えた時に、ひとつの事態を別の面から見る事になるのでとても勉強になる。
2番から5番迄は、大雑把に言えば自己をコントロールしてればよかったけど、6番からは周りとの関係も含めてどうすれば決めて進めるか?って事を考えて行動するようになった。

マスターヨーガの7番チャクラは、それ迄の体感やら事象を「つまりこーゆーことッス‼︎」って解ってニコニコする期間だった。

サクッと終了できたのも、悩んで迷って何とか乗り越えたのも、どっちも同じ位学んでるなぁ。
今日の気づきは、細かい毎日を期間としてまとめて見ると色々発見があるって事。


☆東京氣塾の生徒さんが集まってトンレンの練習会をしてます。
「トンレン部」です。
次回のトンレン部は

日にち:7月26日(土)
時間:13時〜17時
場所:渋谷区の幡ヶ谷駅周辺の一室をお借りして行います

参加料:¥2000
参加条件:氣塾または個人レッスン
または遠隔レッスンで施術を済まされてる方のみ。
問い合せ、参加申し込みは下記アドレスにご連絡下さい。

vegeviva☆(☆→@icloud.com)

どうぞ宜しくお願いします。