ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

5号は酸味が多め

試作5号の豆腐のベイクドケーキを、昨晩焼いたので冷やして本日試食した。

f:id:yuugataJoxaren:20140719191635j:plain

チーズケーキの様な酸味とコクを出した植物性ケーキ。
5号の材料は木綿豆腐、カシューナッツ、薄力粉、ココナツオイル、オリーブオイル、レモン汁、米飴、てんさい糖、味噌、バニラエキストラクト、グリーンオリーブの実、ココアを使用。

毎週末、仕事終わってから晩に作り続けているのだ。
2、3、4号は各種追加材料の個性を知るために作った。

そこから2号が選ばれて調整したのが5号。そこそこうまい1号から、なかなか旨いに進化した。

自分は酸味のある甘い物が好きなので、つい多めに配合する。レモン汁を多めにするとどうしても液体が増す分、生地が緩くなる。粉やら加熱時間やらを増やすとゆー案では無い方法を考えた。

「最初から全体に混ざってなくてもいーじゃん?」

とゆー言葉が浮かぶので、生地の1部を取り分けて、レモン汁とココアを追加したものを表面にのせた。
こうすると本体部分は緩くならずに焼き上がるし、食べた時に酸味と甘味が混ざっていってなかなか旨い。
次回は焼き色つけたいからココア無しでやってみよう。

おやつの試作を作る毎に、配合と作業の様子をメモしてるので、試食の時はメモに追記する。翌日、翌々日の味の変化もメモする。試食は面白い。やってみた結果と更なる案を知ることが出来るから。

家で食べるおやつに何故そこ迄するのか?と云われるのだが、旨く食べたいからだろうな。愉しいからってのもある。

試作の案を考えたり、作ってる間はそれのみ考えるので心地好いからってのもある。


☆東京氣塾の生徒さんが集まってトンレンの練習会をしてます。
「トンレン部」です。
次回のトンレン部は

日にち:7月26日(土)
時間:13時〜17時
場所:渋谷区の幡ヶ谷駅周辺の一室をお借りして行います

参加料:¥2000
参加条件:氣塾または個人レッスン
または遠隔レッスンで施術を済まされてる方のみ。
問い合せ、参加申し込みは下記アドレスにご連絡下さい。

vegeviva☆(☆→@icloud.com)

どうぞ宜しくお願いします。