ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

夜の外の気は落ち着く

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法②④を廻す。
通勤電車の中で内丹法②③④⑤⑥→マスターヨーガ⑦→退陰符をする。

朝のサラサラした外の不活性の気も好きだけど、最近は夜のしっとり纏まった気も好きになってきた。
朝より少しだけ氣の粒が大きく感じてて、粒の動きも少しだけ遅い。
この感じが、自分を落ち着いた気持ちにしてくれるのだ。

蒸し暑いのは苦手だけど、風が吹いてれば涼しいから、暗がりの帰り路の花壇とか、街路樹とか垣根の葉っぱとかの気を感じながら歩くと良い。虫の鳴き声も一緒に混ざっているから凄く良い。

時々はベランダに出てアイス食べながら、遠くの西側がまだ僅かに明るい時に、どんどん暗くなってくのを眺めてたりする。
変化を観察するのって面白いよな。

音は聴こえないけど、たまーに遠くの方で雷が光ってる事があって、パパパッて一瞬明るくなって雲の様子が見えたりするとカッコイイ物見た!ってテンション上がる。

ご飯食べて、雑用片付けて、明日の準備してからブログ書いて、布団の中で退陰符しながら今日も色々出来たなとか承認して、頭頂開調息して、また深く退陰符しながら意識下げてく。

1日をこんな感じで終えてる。