ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

表層にある今

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法で②を廻す。
通勤電車の中で内丹法②③④⑤⑥→マスターヨーガの⑦→退陰符をする。その後チャンダリーの練習をした。

子供の頃から好きな本がある。ローラ・ワイルダー作「大草原の小さな家」シリーズ。NHKでドラマ放送があって、祖父と一緒によく観てた。
一冊目にあたる「大きな森の小さな家」が特に気に入ってて何度も読んで本の綴じ目が痛んでしまって買い替えた。

アメリカ開拓時代を過ごす家族の話で、衣食住の全てを自分達で作る。

一番最後のページで、主人公のローラがベッドで横になってまだ起きてる両親や場の雰囲気を眺めながら、「これがいまなんだわ。」と考えるシーンがある。

そのあと彼女は、場の様子全体が今なのが嬉しくなった。

子供の頃はこの部分が分からなくて、学生になって、なんとなく感覚では分かってきて、大人になってからも読み続けてるけど、言葉で「こーゆー意味か!」って表現が見つからなかった。

彼女は幸せをしみじみ感じてたのか?多分それもあるだろうけど、もっと奥深い処での感覚として「これが今なんだわ。」になったんじゃないかなぁ?と自分は思ってる。

積み重ねてきた色んな生活の記憶の、一番表層に今があるとゆーのは、普段意識しない。ローラが「これが今なんだわ」と考える様に自分も考えてみたら、そろそろ分かるかなぁ。


☆東京氣塾7月13日(日)神保町にて開催☆
↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい