ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

じゃーないか。

朝、風呂入ってマスターヨーガの呼吸法②④を廻す。
通勤電車の中で内丹法②③④⑤⑥→マスターヨーガ⑦→退陰符の練習してからチャンダリーをする。

去年の夏頃にはマスターヨーガの6番に入ってたので、五感が敏感になってた。
特に視覚の明るさが変わった。
夜はライトが眩しくて綺麗に感じる。
日中も呼吸法で頭部に氣が上昇すると視界が明るさを増す。

ある晩、家でボーッと寛いでると手の輪郭に沿って薄っすらと1cm幅の半透明な光が視えるじゃーないか。

最初に気付いたときには、目が疲れてるのかな?と考えたけど疲労感は無かったから何だろ?と不思議だった。

毎日少しずつ半透明の光は濃くなってきた。厚みも増してきた。
「うおー、これはもしや老眼なのかね?」とか思って半透明の部分をじっと眺めてたら色が分かれているのが視えるじゃーないか。手に近い方から外側に向かって虹色になってるじゃーないか。

木村先生にレッスンの時に聞いてみたら「それ、氣だよ」と仰るじゃーないか。
ああ、氣ですか。なーんだ氣が光って視えてたのかと思った。

自分の場合それが視えるから便利って事は無いけど綺麗だから時々じっと手を見る。

面白いじゃーないか。