ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

あたりまえの便利な事

7時からの遠隔レッスンが終わった。
レッスンはiPhoneを使ってSkypeでやってる。

時間になると、木村先生からメッセージが入るのでそれを合図にスタートする。

挨拶をしてから、質問や報告したり、アドバイスを貰ったり、面白いお話をしたりする時もある。

その後に呼吸法のレッスンが始まる。
自分の場合は内丹法、(二段目)の6番を進めてるので「では今日は②④⑥と上げていきましょー!」「ハイ、宜しくお願いします。」とか会話した後は、出力最大で内丹法②を廻す。直ぐに自分の廻りに厚みが感じられて、身体も熱くなる。これは自分で起こした氣とは違う。木村先生の陽神が自分に入ってきたのだと分かる。

それが当たり前になっちゃってるから、呼吸に集中してレッスン出来るけど、これって凄い事だよな。毎週、凄い事を体験してる訳だが普通の事として受け入れてる。
遠隔レッスンは、京都の教室に通えない自分には便利で面白く貴重な時間になってる。

昔は電話なんてなかったから、電話を使える様になった人は凄い物が出来たな!と思っただろうな。
遠くの人と会話するなんて不思議だったろうな。通信手段が増えて、便利になって、最初は「なんて便利になったんだろう!」と面白くても、だんだん慣れてきちゃうと、有るのが当たり前になる。

電話だけじゃなくて、自分の周りに有る物の殆どが慣れちゃってるだけで本当は凄い事ばかりなんだよな。

生まれた時から普通に使っていると便利!とはあまり思わない。その環境が変化した時に便利だったんだなぁ。とか、無くても大丈夫だなぁ。とか色々考えるきっかけになる。

遠隔レッスンは、本当なの?と思われたり、何をするんだろう?と思っていらっしゃる方もいるかもな。自分は体験してる日常のその事をココに書いてるだけ。
他の流派は知らないけど、我らの先生は、陽神ねろねろなカッコ良い元気な氣を飛ばす。


☆東京氣塾6月15日(日)神保町にて開催☆
↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい