ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

あっつーまに終了

第四回トンレン部の練習に行った。
参加して下さった皆さん、有難うございました‼︎今回もたらふくいただきました!
ご馳走様でした!

予定してた時刻より一本早い電車に、何と無く乗った。内丹法②③と練習してる途中でおばあさんに席を譲れて良かった。
赤ちゃんを抱っこしてるお母さんの大きなリュックを網棚に載せる手伝いが出来て良かった。
次の電車に乗ってたら出来なかった事だから嬉しかった。

呼吸法の練習をしながら乗り換えを2回して、下車駅で降りる直前に左隣の車両が気になってジッと見ていると、そこにはリラクソンさん達が居た。うおー。こーゆーの何度かあるんだよな。

忠臣さんも途中でリラクソンさん達と遭遇なさってたそうで、面白いねぇ〜と皆で笑った。次の電車に乗ってたら出来なかった事だから面白かった。

トンレン部では、一対一で行うトンレンが重要な時間になってるので、ペアを交替しながら何度もトンレンする。

両者が呼吸法をしながら氣を循環させたり、片方の人が呼吸法をして氣で情報を送ったり、やり方を色々変えていく。

氣はその人の情報だ。
嬉しいとか悲しいとかの感情だったり、腕がだるいとか肩凝ってるとか眠いとかお腹空いてるとか身体の状態だったり、考えてる時は六番チャクラに体感があったり、ワクワクしてれば四番チャクラがワクワクな感じで動いてる体感があったりする。

これらは何度も繰り返し練習してると分かってくる。自分は最初の頃、トンレン部の様な練習会はなかったので、月イチの東京氣塾でのトンレン練習がとても貴重だった。

毎月参加して先月と同じ方にトンレンしても新たな発見があって、その都度自分も相手も進化してるなぁ!と感じる。

最初は分からなかったけど、木村先生や先輩の生徒さんが教えて下さったから今の状態までなんとか分かる様になってきた。自分は網目の目でもあるし、網糸のそれでもある。