ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

豆乳と醤油

先程まで東京氣塾に参加して来ました。
参加して下さった皆様有難うございました。学びや参考になるヒントを沢山戴きました!

f:id:yuugataJoxaren:20140518215354j:plain

自分はこの豆乳と醤油を普段利用してる。スーパーで入手出来る手軽さがあるので有難い。
この豆乳でアイスやお菓子を作ったり、シリアル食べたり、料理に使う。
こちらの醤油は煮物、下味として、そのままかける等、調理方法や食材との相性が良いと感じてる。

終了後の打ち上げ食事会にて、豆乳の話題になった。ご飯に豆乳と醤油を加えておじや的な物を作って食べたりすると話したら、ピストンさんが超ウケてました。忠臣さんもそれは無いそうで。何故じゃあ〜⁈

眠くて忙しくて簡単に食べたい時によく作ってる。玉ねぎを少しの水で煮てからご飯も加えて豆乳を入れる。
豆乳は火力が強いと焦げやすいので弱火でくつくつ混ぜながら作る。
海苔を足したり胡麻油少し入れたりする時もある。
火を止めてから醤油をかける。

自分ではノーマルな食べ方なんだけど、人によって反応が様々なのはとても面白い。
その人の想像の中では、その方のご存知の豆乳の味がしてるだろうし、その方の作り方をイメージなさってる事であろう。違うのに同じ。同じなのに違う。それが面白い。

何だか落語に似てる所があるなぁ。
落語家がお話をして、観客一人一人の想像の中で、活き活きと物語が展開していく。人情噺や怪談噺、泣いたり怖がったり、笑ったり、頭の中のイメージは多分それぞれ異なるんだけど、皆でひとつのお話を一緒に楽しんでる。