ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

東京氣塾で学んでる事

朝、昼用弁当を作ってたら普段より15分オーバーしてた。ああ、今日は時間が速い日なんだな。と思った。
風呂入りながらマスターヨーガの呼吸法②を廻す。早めに上がって時間オーバー分はリセット出来た。

出勤準備をしてたらまた時間がオーバーしだす。ハイハイ、時間が速い日なんでしたね。と思った。いつもと同じ内容をしてるのになぁ。面白いなぁ。

家出て呼吸法しながら速足で歩く。いつもこの辺は自動車走ってないのに、5台通り越しで足留めくらう。
どんどん駅へ向って歩く。横断歩道で立ち止まらずに信号が青になる。

人と人の間を通り越すとき、その間をスムーズにぬけるのが3回あって面白い。
ホームに辿り着いた時に電車がピッタリ停車する。こーゆーの面白い。

電車内で内丹法②③④⑤→陰の呼吸法⑥⑦→退陰符から瞑想する。いつも35分してるのに、やっぱり時間が速い。体感としては15分しか経ってない。

職場のSさんに会社の駐輪場で合流する。
彼女は毎朝、家族の世話で忙しいのに帳尻あわせて毎度同じ時間に出勤なさってる。
「もう慣れた」と笑いながらおっしゃる。格好良いなぁ。
世のお母様方は皆さんこーなんだろうか?きっと、こーなんだろーな。格好良いなぁ。

今度の日曜日は東京氣塾がある。毎月、京都から木村先生が都内にいらして下さる。
友人に「氣塾って何をするの?」と質問された。えーと、木村先生が順番に1人ずつ生徒さんを呼んで、対面式に施術とかアドバイスとか呼吸法をする。その人の氣の情報を読み取って「その人の今一番必要な事」を教えてくれる。

自分の場合はそのアドバイスを参考にして日常を過ごしてると、大体2〜3ヶ月の間にその意味が解る出来事やら体感やらが起きる。

他には質問とかヨーガ哲学や太極門の講義とかその時の参加者さんに合わせて色々変化する。施術の間に他の方はトンレンを色んなパターンで練習したり、呼吸法のおさらいをする。休憩も何度かあるから、その時に自分はおやつを食べる。あと、たまに忠臣さんが、おせんべやチョコレートを配給する。

木村先生が施術をしてるのを遠目でチラ見しながら学んでる。
部屋やトンレンしてる生徒さん全体の場の氣を感じてみる。

初参加の方の施術が終れば、皆で一緒にトンレンする。氣塾が始まる前の緊張なさってる感じはトンレンをする時には笑顔になってたりして自分も嬉しくなる。
自分が初めて参加した時の事をいつも思い出す。

毎月、生徒さんとトンレンをさせて頂く。先月と比べてみると、その方がどんどん気力が上がってるのが判る。右手センサーに当る氣が強くなるし、2番チャクラが安定して廻るのがトンレンで判るから。

現在の東京氣塾はこんな感じ。自分が参加した当初から見ても内容がどんどん変化してる。
去年、大阪氣塾に参加した。東京氣塾とは違う感じがした。「はんなり」って言葉が似合うと思った。開催地によって違うのは面白い。他の地域にも是非参加してみたいなぁ。

☆東京氣塾5月18日(日)神保町にて開催☆
↓詳しくは氣塾サイトでご覧下さい


どうかな?何と無く分かったかなぁ?こんな感じで自分は東京氣塾で皆さんから学んでますよ。