ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

簡単な物を食べる

朝の通勤電車内で内丹法②③④⑤→陰の呼吸法で⑥→退陰符→瞑想する。
昨日のレッスンから5番が始まった。

去年、マスターヨーガの5番を習った時はサクッと終了してしまったので今回はどうなるのか楽しみだなぁ。

毎朝、晩ご飯の分と職場で食べるお弁当を作ってる。大抵は同じ物を食べる。

f:id:yuugataJoxaren:20140508212450j:plain

レーズン酵母で焼いた全粒粉パン、ひよこ豆のディップ、人参練りゴマ和え、豆乳。今日は残り物を総ざらえした。
夜はとても眠いので簡単な物を食べる。

チャクラを強化・練習する時期に、そのチャクラの持つ特徴が現象として現れたりする事がある。

一段目と呼ばれるマスターヨーガの3番を練習してた時は、1ヶ月の間に何度も色んな事態が発生して大変だった。アレは大変だった。重なる様に次々起きた。その度に覚えたての3番の呼吸法を繰り返して乗り越えた。2番も3番も必然的に利用した。

2番チャクラは踏ん張りの、意志力の効果がある。不安定だった内臓の機能も安定化しだした。
3番チャクラは起きた感情を逆の感情に変える。怒りが笑いになったりした。悲しみに囚われる時間が短くなった。不安はワクワクに変化した。

これらはそう教わってるから、と言うよりも自分の体験で起きた事なので、他の生徒さんとどう違うか?何処が共通してるのか?を氣塾で会う度にシェアしてる。話を伺っていると、考え方の多様さを知った。

4番は自分にとってキツイ期間である。どう取り組んで良いのか分からなくなる。分からなくて何度も泣き言を吐く。練習しながら泣き言を吐く。4番チャクラから思いのままに吐き出す。そうやって自分の正直な気持ちを自分は知っていった。

自分の魂に話し掛けて、今こう思ってるなあ、あの時はこう感じたんだよね。と素直に何でも話す様にした。自分トンレンを試す事もこの時期に始めた。
自分の経験だから、他の方には別のやり方もあるかも知れませんがコレは6、7番を使う様になる時にとても大切だと思ってる。

②が③が充分に下支えしてるから④が始まり、⑤も進むことが出来る。それら全てが下支えになってるから⑥⑦も使う事が出来る。如何に基本が重要か、ヨーガを学んでると実感する。やってて良かった〜。