ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

解体撤去組み立てる

・職場のレイアウトを変更する為に、椅子や机やらパソコンやらゴミ箱やらをみんなでワイワイ移動させた。リーダーに、いつやる?って相談されて、まどろっこしいから今からやればいい。って提案して急遽仕事を止めての大移動が始まる。

天井にある吊り下げ式の蛍光灯は、脚立を探してきて1番上に登って、吊ってある蛍光灯を外したり、コンセントのタップを付け掛えたり余分なものは回収するらしい。

一緒に設置していた男性が、テーブルの上に乗りながら笑いだして、じつは高い所は苦手なんだよ。と言いながら天井のネジを取り外したりしてた。そーか、じゃあ自分がやりますよ、手伝いますよ。と脚立の上に乗る。

エアコン効いてるとはいえ、暑いな。

お腹も空いてくる。

 

えー?えーっ?大丈夫なの?はい、平気ですって、いいながら一緒に蛍光灯設置を進める。

コンセントは外し、散在するタップをもぎり、吊り下げチェーンをたぐるってことを、ホイホイやってたら、「ゆうがたヨクサルのキャラが掴み所なくてよく分からない…」と呟かれた。

 

そんなあってないようなもん、掴まなくていいから。

 

 

・レイアウト変更や什器撤去や組み立ては、カジュアル量販店だった昔の職場で何度もやってた事だから慣れてる。

開店前や閉店後の時間では足りないから、営業中の、お客様の少ない空いた時間にサッサとやる。

セールの準備では、店内ポップを天吊りしなきゃならんから、手を切りそうなくらい真新しい広告やポスターを何枚も持って、脚立の1番上に乗って張り出す。

 

商品展開や入荷数量の増減によって、ハンガーにかけるのか棚に畳んで並べるのかを変える。

ビニール袋に入った服を破いて出して、中敷きを剥がしてたたみ直す。段ボールもボコボコ開けて空になったら平にして折り曲げ積み重ねる。場合によってはその上に乗る。乗る。乗るんだよ。

棚幅やハンガー什器をガンガン組み立て、段ボールを解体するのは面白い。

 

売り場に出した瞬間から、たくさんのお客様の腕が伸びてあっとゆーまに服が減って、バックヤードのストックを急いで出す。出しても出しても直ぐに売れちゃうから、売り逃がしのないように手早くサイズとカラーの補充をするのは大変だった。

この経験のおかげで、限られた時間内と少ない面積でいかに準備提供するか。を学べた。

 

転勤で新しい店舗に移動になるとき、バックヤードの整理整頓が出来てない所ばかりだったから、様子見しつつ、徹底的に片付ける。

「これって、いつもはどうなさってるんですかー?」とか「〇〇はどこにあるんですかー?」って今迄のスタッフに質問しても、店長も含めてみんなよく分かってないから慌ててる。

この人たちでさえもよく分かってないんだから、今から自分が替えてもいいよな。っていつも思った。

 

通話以外の文字でのやり取りの場合、今はパソコンやメールだと思うけど、自分が働いてた当時の本部とのやりとりは電話かファックスがメインだったから、新しい配属先のバックヤードには、そらもーペラペラでクルンクルンの紙であちこちレイヤー状態だった。

書類はファイリングしまくり、備品は過不足をチェックする。什器は解体して各部品ごとに収納し、ハンガーの在庫を把握して補充する。

店舗の表や裏の全てを見て触って確かめる。いいものや良いところ、要らないものやダメなところは整頓されて、怠惰を含む旧式の雰囲気が新しいものに変わってくる。

それが苦手な人は去るし、平気だったり気に入ってくれる人は残る。

 

あの頃は、なぜか雑な店舗ばっかり配属になって、その度にやり直して普通の状態に戻して、やっと慣れてきた頃にまた別の店舗に移動ってのを繰り返してたなぁ。

でも、そーゆーの面倒くもあるけど、とっても面白かったんだよな。

自分の中のキャラクターがちょこちょこ増えた時期でもあったなぁ。

 

 

 

 

4→7→2

昨日のブログを書き終えて眠って4時間くらいたったら目が覚めた。

 

ジタバタしてる気持ちがまだ少しだけ残っていたけど、半分は寝ぼけていても、半分はスーンとした冷静さがあった。

めが覚めてきて、いつの間にか昨日の件や、それまでの似たような状況を想い出した。

こーゆー、自分に降りかかることってのは、大抵なんとかしてこれたなぁ。とか、自分だからこーゆーことが降りかかっても大丈夫。って、現象さんから任されたのかなぁ。とか考えてみた。

どんどん考えてるうちに「人から与えられてやらされてる感じ」じゃなくて「現象さんから貰って、やってる感じ」になってきた。

お、おおー?、ゆうがたヨクサルは、任されたのかしら、現象さんが自分を選んで、ちょっとあなた、コレやってご覧なさい。って任されたんならば、面白いな。ってやる気が出てきた(←単純な子)

 

そんな感じで考えていたら、4番の奥がジーンと感動みたいな、しみじみとした明るくてふわふわした氣が身体に広がった。

次に、頭頂から6番へ氣が下降する感覚が起きて、5番で2、3分ぐるぐる旋回して、4番→3番→2番のお腹へと降りてくる。

2番のお腹に貯まったそれは、ポカポカしていて気持ちがいい。

この感覚や体感は、以前から時々、起きていたものだ。なんだろうなぁー?って思ってはいたんたけども、少しだけ、わかってきた。

 

気持ちがいいから、そのままウトウト眠って6時に起きて出勤の支度をした。

お弁当作ったり、シャワー浴びたり、日常的な毎日することをしながら、出るわ出るわ、ヒントやキーワードやアイディアが頭にぽんぽん浮かんでくるからメモする。

 

メモして具体的な作業まで決めてるうちに、ニヤニヤ笑ってきた。コレは使えそうだ。皆んなも楽になりそうだな。って、やる事決まって、やる順番もできて、ウズウズして面白がってる。

 

4番の奥から湧いた素直な気持ちが全身に広がって、上からヒントが入ってきて、各チャクラに浸透しながら通過して、2番のお腹にしっかり貯まった。ってのは、昔ながらの言い方だと「腰を据える」ってのと似てるかもしれない。

昔の人たちは、実にうまいことを言う。

 

 

 

 

笑えるときと笑えないとき

余裕、ストックがあればゆっくり笑える。

だから余裕、ストックを作るために考えて行動して作る。その過程の中で、自分は笑ってる。

まだ余裕、ストックはなくても笑ってる。

 

やがて余裕ができて、作れたな〜、できたな〜。ってまた笑う。周りの人たちと笑う。

 

今日の昼までは、確かにそこに、余裕とストックはあったのに、丸ごとごっそり持ってかれて、ゼロならまだしも、マイナスになってもーた。

悔しくて失望と哀しみが自分に覆い被さって、じゃあ、もっかい作るしかないねぇ。って始めるけども、心の中でくすぶる。

抑えて、なだめて、とにかく始めようとしてるんだけど、自分が未熟なせいもあり、笑えない。

うん。笑えないねぇ。

 

でも、ちょっと視点をずらすとゆーか、俯瞰してみると、笑えない自分と、そうでない自分と、それを見て気遣ってくれて、何かできることないかなって寄り添ってくれる人たちがいる。

 

あら、コレは昔の自分には分からなかったこと。

 

あらあら、待てよコレって、本当はずっとずっと昔から、そーだったんじゃないのか?って思い返してみると、なんだか涙が出てくる。

いつもとは違うぞ?ゆうがたヨクサルがざわついてるのはまずいぞ。って感じて、今迄と違って一歩踏み出して、一緒に踏ん張ってくれてる人がいる。

 

あらあら、そんな、自分なんかになんで手伝ってくれてるんだろう?って思う。

でも、もしかしたらだけども、自覚はなかったけども、自分も誰かがそーゆーふうだったときに、手伝っていたのかも知れない。

お互いに繰り返して今の関係があるのかなぁ。

笑えないのに嬉しくて泣けてくる。

 

多分、明日からは、自分はまた作りながら笑ってると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

skypeトンレン、想いの連動

帰宅して22時ころから、氣塾の先輩である大阪のHさんとskypeトンレンの練習をした。

 

繋いで直ぐに先日の沖縄イベント出展どーでしたかー?と話を伺ってると、Hさんの状態が自分にトレースされてくる。

いつものHさんは、2番とかお腹の方に氣の内圧があるのに、今日は6番〜7番の連動性が強い。あれー?なんだか今迄とちがうなぁ。と思いながら自分の近況や分かってきた事などを話す。

 

自分の場合はこんな感じで起きますよ。とゆー直感やひらめきの話をしたんだけど、現在のHさんが知りたかったことのヒントになっていたらしく、今回のskypeトンレンの意義がみえてくる。

「その場での相手のリアクションに揺さぶられないでいる」

ってことの大切さとか、起承転結の全体を通して観察することの面白さとか。

 

その場では拒否や否定されても、一時的なものだからたいしたことじゃないし、自分は、そんな部分でご機嫌取らないと壊れちゃう訳でもない。

だって我々はもう、充分な気力があって、打たれ強いのだから。

 

他にも色々と話してから、最後にトンレンでお互いの状態を読み取る練習をした。

呼吸法で大阪にいるHさんに繋ぐようにトンレンを始める。

直ぐに自分の氣の内圧と温度が変化しだす。

あれー?やっぱりいつもと違って6番と7番が強まる。

そのことをお伝えすると、先日の沖縄イベントに参加した頃からご自身の心境の変化があったとの返事に、すかさず4番チャクラの奥から柔らかい素直さと軽やかさが広がってくる。おお〜。

4番から放射される氣が、6番→7番へと穏やかに流入する。

あー、コレ、いいやつだ。

 

4番で素直に感じた想いが、上位のチャクラに働きかけてる。このまま続けてたら、タイミングよく現象に乗っかれるパターンのやつだ。

 

いいですねー!これはいいですよー!と自分にトレースされたHさんの状態を味わいながらお伝えする(←この時の自分は、めをつぶって体感に集中してるから、自我意識が半減してて、自分でも何言ってるのが曖昧になってる)

 

トンレン、久しぶりにやったような、いつもと同じような、なんだか当たり前に、その状態に入ってたんだけど、やっぱり誰かの状態を共有させていただけるのは、ありがたいなぁ。

次回の8月東京氣塾には、大阪からHさんもいらっしゃるようなので、また対面でトンレンさせてもらえたらいいなぁ。今日はありがとうございました。

 

 

仕掛け、罠について

・呼吸法を始めだして、何度目かの東京氣塾の打ち上げの時、参加なさっておられた方の中に整体院を営む人がいらした。

爽やかで優しげな「しょくぱんまん」みたいなかたで(←個人的印象)、お酒が入ったからなのか顔が赤く、陽気になっておられた。

 

「ゆうがたヨクサルさんは、マスターヨーガをどうして始めたんですか〜?やっぱり美容とか効果期待してのことですか〜?」と、お好み焼き屋さんでお好み焼きが焼けるのを待つ間に質問を受けた。

 

賑やかな席なんだし、そーですね〜。ソレいいですね〜(^^)とか軽く返せればいいのに、つい正直に

「不安や怒りを含む悩みは、自分自身で勝手に作ってるだけだな。ってのは分かってきたので、じゃあ、どうやったらコレ自分で消せるかなぁ。と思ってたので〜。」

とかなんとか、答えてしまった。周りの人もお好み焼きヘラでペシペシ整えながらシーンとしちゃう。

あ、でも呼吸法するとき背すじ伸ばしたりお腹使うし、健康効果もあるといいですよね〜。と重ねたけども、上手く答えることが出来なくて難しかったのを覚えてる。

明確な、ひとつの、はっきりした理由を言葉で持ってた訳ではないから、どう答えるといいのか迷って難しかったんだよな。

体調崩して、気分もすぐれなくて、自分で自分を追い込んだり否定したり、相手や周りのせいにしないで、「セルフハンドリング」出来る、なんかのきっかけを探してたんだよな。

 

・自分の感情に流されたり翻弄されることに、嫌気がさしてたから、どーすれば感情より、「自分」が上回れるかなぁ。とか思ってたんだけど、呼吸法をスーハーやってると、息に集中する事が出来るから感情の波立ちが緩やかになった。

 

そりゃまあ、嫌な事が起きれば、あぁまたか。とか思うけども、以前よりずっと揺れは少ないし、その場から離れずに居続けることも出来るようになってきた。場合によっては、心の中で笑う余裕さえ生じた。

 

ゲームとかクイズってのは、最初は簡単なやつから始まって、少しずつレベルが上がると難易度も高くなる。

仕掛けや途中にある罠も、巧妙になってくる。

油断したり、今迄と同じつもりでやってると、クリアーできない。

うおー、嫌だ〜〜‼︎とか、ひゃ〜⁈だとか、わぁわぁ言いながらも、ゲームやクイズを続けれるのは面白いからだ。

 

この世界にある、仕掛けや罠とゆーのは、自分専用とゆーか、自分の弱点に特化されたのものだから、意識してないとすーぐ、引っかかる。

現れる敵キャラの「それ」は、色んな形で登場する。

見た目がどんなに優しかろーが、身内だろーが、可哀想だろーが、恐ろしげだろーが関係ない。

おお〜〜、今回はこんな感じで来るのかー!って、驚きと新しさとでワクワクする。

そこに気付いて、クリアーできた時やヒント見つけたときは、「テッテレー♪」と4番チャクラの奥がジーンと拡がってレベル上がる音やアイテムゲットした音が響く。

 

呼吸法を始めてからは、毎日がまるでゲームやクイズのように感じてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のおやつはプルプル

冷んやりしたケーキが食べたかったので、ラズベリーソース、豆乳クリーム、ココアフィリングを重ねたココアスポンジのケーキを作った。

今日は薄曇りでそんなに暑くないから作りやすかったよ。

 

f:id:yuugataJoxaren:20170723154507j:image

国産薄力粉と強力粉とココアパウダー、ベーキングパウダー、塩、豆乳、オリーブ油、バニラエキストラクトで甘味なしのココアスポンジケーキを焼く。

焼き上がり表面にはレモンシロップを打って冷ます(乾燥防止)。二枚になるように薄く横にカットする。

 

粉寒天と片栗粉、てん菜糖、ココアパウダー、ココナッツオイル、豆乳を混ぜて炊いてラム酒も足してフィリングを作って、ちょっと冷めてからスポンジケーキの上に流して冷蔵庫で一旦冷やす。

 

豆乳、ココナッツオイル、てん菜糖、メープルシロップ、バニラエキストラクト、粉寒天と片栗粉を混ぜて炊いてゆるめのカスタードっぽいクリームを作る。ちょっと冷めたらケーキの上にながして、潰したラズベリーソースをマーブル状になるようにグルグルやってまた冷蔵庫で冷やす。冷蔵ならプルプルだけど、冷凍したやつを半解凍で食べてもいい。

 

最初はココアスポンジケーキをフィリングとクリームの間にも重ねようと思ったけど、層が厚くなって、型からはみ出しそうになるからやめた。余ったスポンジケーキはラップに包んで冷凍庫にしまっておけば、ティラミスとか他のおやつに使える。

 

ココアスポンジケーキはしっとりしていて、ココアフィリングはムッチリ固めで、ラズベリーソースと豆乳クリームがプルプルなので、口の中で全部が混ざると予想以上にうまかった。

 

バニラエキストラクトとゆーのは、バニラエッセンスとは違い、一度に使用する分量が結構多い。そして市販のものは結構いい値段がする。

自分の場合は買ってきたウォッカの瓶に、直接有機バニラビーンズのさやに切り込みいれたやつを何本か漬けてる。買ってきた酒とバニラビーンズを一緒に合わせるだけだ。

f:id:yuugataJoxaren:20170723151909j:image

だいだい1〜2ヶ月くらい過ぎてくるとウォッカにバニラビーンズの色と香りが移ってくるから使える。この画像のやつは去年の5月に漬け込んでおいたもの。

 

スポンジケーキ焼いたり、アイスやカスタードっぽい豆乳クリームを作るとき、このバニラエキストラクトを使うと立体的な味わいになるとゆーか、植物性の材料だけでも物足りない感じがしないのでおすすめです。

 

 

 

 

 

自身のアトラクション

・昨晩は京都の木村先生から遠隔レッスンを受けた。4段目の最後、7番チャクラの呼吸法が始まった。

2週間くらい前から、頭部の内圧のかかりが安定してたんだけど、歩きながらとか立って呼吸法すると、何故か左手と足の裏の氣の体感が大きい。いつもはセンサーである右手の方が体感あるんだけどなぁ。なんでかなぁ。

 

今朝の通勤電車の中で、昨晩に教わった呼吸法の練習をした。

徐々に回転が速くなってきて、15分くらいでお腹から頭頂まで一本の芯が形成されて、4番がやたらと騒ぐ。わーい、わーい‼︎って楽しい。

単に電車の中で、座りながら息をスーハーやってるだけなのに、アトラクション並みにわーいわーい‼︎って楽しいのだ。

 

左手の指先も、右手も、お腹も両脚も、のど元も背中も、ザワザワぐるぐると氣が駆け回る。

4番の回転してる方向が、横向きではなく縦に上昇しながら回転してる感覚だったのが興味深かったな。