ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

靴下は片足上げたまま履ける

パシフィコ横浜臨港パークエリアでビーガングルメ祭りのブースを愉しんだあとは、展示ホールで開催してるヨガフェスタに向かった。

 

 自分は呼吸法に特化した「古式マスターヨーガ」を学んでいるから、ヨーガと名のつくことに興味がある。このイベントで主流のヨーガとは違うことを自分はしてるけれども、トライすること、自身に向き合ったり、愉しんだりする姿は学ぶところが多い。それに何と言ってもきれいな方が多い。眩しい〜〜。シュッとしてる。

スカッと爽やかなこれらのジャンルとは異なる根暗な性格の自分には似つかわしくないなぁ。なんで自分なんぞがここに来てるんだろう…って不思議になるときがある。うーん。性格や好みってのは、歳を重ねると増えて複雑になっていくのか。と、感じ入る。

 

出店ブースはヨガウェアやグッズ、書籍、雑貨、美容健康関連で賑わってた。通路を歩いてると、客目線の自分と出店者目線の自分とが交互にやってくる。どうぞどうぞ、と色んなブースでサンプルを差し出すから受け取ったり断ったりする。ポップや什器の配置やデザインとか、商品イメージと推しかたとか、観るものが沢山ある。

 

分からないところは質問すると説明してくれるし、お店の人の反応を(自分の中で練習として)トンレンさせて貰えることになるから凄くいい。会場内の場所や集まる人の違いで体感は変わるからデータも増えた。

あと、SNSなどをその場で利用するとサンプル貰えたり特典が付きますー!ってところなどは、今っぽいなぁ。と感じた。それらをあたりまえに利用すること、諸々のツールを持っていることがあたりまえになってるのか。

同行した職場の同僚はサンプル貰ったり、ブースで販売してる雑貨やヨガグッズがどんな質感なのか触ってみたりと、普段の生活になかったジャンルに触れてとっても嬉しかったらしく、愉しんでもらえてよかったなぁー。と思った。

 

そして今回、会場内の真ん中らへんで開催していた「おとなの保健室」と題した無料身体測定を、職場の同僚と都内から遊びに来た忠臣さんと自分の3人でやってみた。

背筋とか握力とか前屈だとかは高校生の時以来やってないし、身長は20代の頃の職場の健康診断で測っただけなので中年になった自分がどんなことになってるのか観たい気持ちがあった。(←予め断っておくけど、決して期待や自信があって挑んだ訳ではない)

 

f:id:yuugataJoxaren:20170916231442j:image

全項目は回らなかったけど、だいたいこんな感じ。なんか…色々と残念とゆーか貧相だな。

たまに誤解されるんだけど、自分は菜食を愉しんだり日々呼吸法を練習して気持ちは穏やかではある。だからと言って身体がフレッシュでパワフルでだとかイイ感じにグニャーではない。グニャーではないです。(←2回言っときます)

 

とくに運動神経は抜群に酷い。体も硬い。

中学生のとき、体育の授業でブリッジや倒立ブリッジからの起き上がりや体操が出来ず、毎回体育教師に厳しく指導されたのに、とうとう卒業するまで出来なかった思い出もある。醜態を晒すことになるのは分かってたから、楽しんで頑張ったよ(←なんだこの開き直りは)。

因みに撮影担当は忠臣さんです。腹を抱えて笑いながら連写、撮影していた忠臣さん、ありがとうございました。

 

f:id:yuugataJoxaren:20170916232449j:image

↑ハイ、コレはスタート前の画像ではなくて頑張ってる最中です。係のスタッフのお姉さんの「ガンバレガンバレ〜〜」って声がこだまする。隣でやってる同僚はグイグイ折れてる。スタッフのお姉さんが「前屈を何回かやってから測定するほうがいいですよー(^^)」とのアドバイスを断って挑んだことを反省した。

 

ロコモ度テストというのをご存知だろうか。

ロコモティブ・シンドロームは運動器症候群。

立つ、歩く、などの移動するための機能が低下しているかどうかをチェックするテストで、今回やったのは腕を組んで座ってる状態から立ち上がって3秒キープするというもの。立ち上がりテストです。

椅子の高さは40㎝、30㎝、20㎝、10㎝。

まずは40㎝の箱に座る。腕を組む。腕などの反動をつけずに立ち上がり3秒キープする。

コレはできた。うん。

 

係のお兄さんが「では今度は片足だけで立ち上がって下さいねー。」と合図してくれた。片足は浮かしておこなう。そしてこーなった↓

f:id:yuugataJoxaren:20170916233054j:image

……立てぬ‼︎

 係のスタッフのお兄さんの「えっ⁈」っていう声がこだまする。頭部がブレて写るぐらいに頑張ってるんだけど、立てぬ‼︎

忠臣さんは大爆笑しながら連写しまくる。

 

ロコモ度テストの場所は自分以外誰もやっていなかった。全然人気ないからやりたい放題だ。40㎝片足もヤバいのに、最も低い10㎝位置から両脚で立ち上がることに挑むゆうがたヨクサル↓

f:id:yuugataJoxaren:20170917000058j:image

寒い…。

って震えている訳ではない。腕を組んで座ってる状態から立ち上がろうと頑張ってる最中である。動かぬ‼︎

今見ても酷いな。別の意味でふるえる…

 

 撮影をしてくれた忠臣さんは、わざわざ靴を脱いで40㎝の箱に挑んでおられた。(←本気だ…)コレは立てる。そして30㎝、20㎝ぐらいで怪しくなってきて自分と同様に、立てぬ!寒い!という気分と体感を共有することができた。3人の中で自分が1番歳上なので「ホッホッホ…仕方がないのぅ、出来ぬもんじゃのぅ。」ってこんな時だけ老い口調になってくる。

 

ただの箱と自分との単純な動作だけなのに、ゲラゲラ笑って驚いたり面白がったり、気持ちの奥では薄眼で「コレはなんとかしなきゃいけないなぁー」と新しい種が生まれたりするもんだから、ロコモ度テストはとても印象に残った。

こうやって経験と感情が4番チャクラの奥に蓄積していくんだなぁ〜!ってしみじみ感じた。もし、今回自分1人だけでイベントに来て、ひとりだけで立ち上がりテストしても、ここまで笑ったり面白がったり印象に残ったりはできないだろうから、一緒にやってくれた2人にもありがとうって感じる。

 

身体測定を終えてレモネードを飲みつつ休憩した。同僚と忠臣さんと談話してそろそろ帰ろうか、と歩いていたら親子の参加するヨガが今から始まろうとするコーナーがあった。

ちょうど順番に参加者が入場するところで、ピンク色のヨガマットが敷き詰められた広場にお母さんやお父さんと子供達で元気に埋まっていく。

なんとなくコレは観察したい気持ちが強かったので仕切りの向こう側からヨガが始まるまでを見せてもらった。すでにこの辺りはパチパチ元気な氣で湧いてる。スタッフさんがたが準備と調整を進めるなか、たぶんあの人が講師なんだろうなと見ていていたら、意識をフォーカスしてトンレンしたい気持ちになったので忠臣さんと同僚に少し待ってもらった。

 

講師の人をトンレンしてすぐに「嬉しい」とか「楽しい」「穏やか」だとかの喜びの氣が、ポワポワ、ザワザワと足の裏から膝にじんわりと立ち上がってくる。ああ〜!これ知ってる。自分も同じの知ってる。このかたは見つけたんだな、と感じた。ご自身にとって何がたいせつなものなのかを知ってる。いいいなぁ。すごくいい。いい場面をトンレンさせて貰えた。

 

自分の経験とパターンでしか説明できないんだが、この下から立ち上がってくる感じというのは、いくつか条件とゆーか種類がある。

大雑把に言えば、向こう(対象のもの)が出してるから、こちら(自分の中)に入ってくるもの。こちらから引っ張るとか吸い込む場合もあって、向こうは引っ張り出されとか吸い込まれる状態のもの。相互に影響しあっている場合もある。

 

どれがどのパターンなのかは、観察する規模によって変化してくるし、どこからスタートとするか、どこを終わりと見るかによっても違う。

今回の場面は、この講師のかたが参加者の人たちを見てるときの想いと状態だったから、このかた自身の想いが、氣の流入をさらに促進してる状態。ざっくりまとめて言うなら「感動してる」のだ。

 

まだ親子のヨガは始まる前だったけど、ひとしきりトンレンさせて貰って満足したから、忠臣さんと同僚にお礼を述べて帰ることにした。出口にイベント祝いのお花が飾ってあった。「あっ!花だ!」ってスタスタ歩いて向日葵の真ん中の粒の螺旋を観察したり、顔でモフモフさわって花の香りを楽しんでるところ↓

f:id:yuugataJoxaren:20170917112350j:image

近い‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べる宝石

桜木町のみなとみらい地区にあるパシフィコ横浜臨港パークで今日から18日まで開催する「横浜ビーガングルメ祭り2017」に行ってきた。

f:id:yuugataJoxaren:20170916191555j:image

隣接するパシフィコ横浜では、ヨガフェスタ横浜2017が開催していて、臨港パークの野外エリアにはヨガのポーズをとる人たちや、犬の散歩する人たち、観光に来た人たちで楽しそうだった。

 

ビーガングルメ祭りが横浜で開催するのは今回が初めてだったから横浜在住の自分はテンションが上がっている。今回は規模こそ小さかったけれど、名古屋にアトリエがある「ピタゴラスイーツ」さんのブースが出店するとなれば、そら2ヶ月も前から職場で同僚たちにバンバン告知しちゃうよ。横浜近辺の人たちに植物性のお菓子を知ってもらえる機会があるのは嬉しいよ。

☆「ピタゴラスイーツ」さんの出店日は、今日と明日9月17日(日)の二日間のみです。

追記(22:03現在私が確認した時点で、台風の影響のため17日(日)の横浜ビーガングルメ祭りは中止のようです。詳しくはFacebookや公式サイトなどでご確認下さい)

f:id:yuugataJoxaren:20170916192106j:image

雨がパラついたりやんだりしたせいか、オープン時間近くになっても、いつものような大行列程ではなかった。おかげで沢山の綺麗なお菓子たちを愛でることができた。

 

職場の同僚と会場で合流してから「TERRA FOODS」さんのジャーマンホットドッグを買って海を眺めながら食べた。

f:id:yuugataJoxaren:20170916192853j:image

 これも植物性の材料のみで作ってある。プリプリのソーセージは、なんだろうなー。おからこんにゃくの食感に似てる。ハンバーガーほどボリュームはないのでサクッと食べたい時にいい。そしてパンがうまい。

 

f:id:yuugataJoxaren:20170916193438j:image

コレは「loving hut」さんの揚げ物。高野豆腐みたいな食感で、五香粉っぽいスパイスが効いてる。毎回、買う時に違うタイプの揚げ物やお弁当に出会えるから楽しみだったりする。

 

「はくい自然栽培みらい」さんの販売する「自然栽培野菜寿司」を夕飯用に買った。

こちらのお寿司も、ネタは野菜や植物性の材料で作ってある。

帰宅して夕飯を食べるとき、最初にイカに見立てた「ナタデココと塩漬け大葉のお寿司」を食べた瞬間に、顔がニヤニヤ笑顔になって身体さんが喜んだ。足元からざわざわ氣が立ち上がってくる。ふぉぉ…美味しい〜〜!って嬉しくなった。子供の頃からタコとかイカの寿司苦手で、コレはイカの寿司そっくりの食感なのに美味しい!

イクラの軍艦巻きに見立てた「タピオカのオリーブオイルと醤油漬けのお寿司」を食べると更に氣がざわざわ。顔はニヤニヤ。

「ローストピーマンのオリーブオイルと醤油漬けのお寿司」を食べても、美味しくてザワザワする。酢飯は玄米でこれもまた凄くいい…

1つ1つが自分なんぞ考えられないくらいに、丁寧に、大切に扱われて仕上がってる。「コレはとてもいいものだ」って感じた。食べる宝石みたいだった。

こーゆー出逢いがあるから、ベジるのは楽しくて面白いんだよな。

(とても美味しくて綺麗なのに、リュックに保管して持ち歩いていた自分のせいで、容器にお寿司が少しだけ寄ってしまった。せっかく素敵なお寿司なのに申し訳ない気持ちなので今回、画像はありません)

 

一緒にいた同僚とホットドッグや玄米ソフトクリームを食べてマッタリタイムを過ごしていたら、都内から遊びに来た忠臣さんと合流したので、次はパシフィコ横浜の展示ホールで開催してるヨガフェスタに向かう。続きます。

 

 

 

 

 

 

 

やりたいからずっとやる

・昨晩は京都の木村先生の遠隔レッスンを受けた。関西方面にお住いの生徒さんがたは京都の木村先生の教室で直接指導を受ける場合が多いけれど、横浜で生活してる自分は、skype通話でのレッスンを受ける。

 

今回は座学のみ。まあ、座学っていっても自分が最近感じてることについて呟くと、木村先生がドンズバな解説言語で答えて下さるいつものマニアック話だが。(日本に禅が入って来た話とか道教のもとになった三皇五帝の話とか、時代とタイミングと他力と持続力とかの話とか、繋がるし飛ぶしずれるし始めの話にまた通ずる。やめられない、止まらないのはスナック菓子の如く。)

 

自分がマスターヨーガ初心者のころは、体調を崩しやすく、メンタルもしょぼかったから発言や行動や思考癖が後ろ向きだった。毎回、ひたすら呼吸法のみでレッスンは終了した。

何度かレッスンを受けるうちに、先生との会話にも慣れてきて質問するようになった。

こうしたらこうなりました。コレはなんという状態なんですか?とか、なんでこうなのかなぁ?と考えて自分の頭の中に仮の答えを置いて口に出さずに先生に同じことを質問すると、頭の中に保管しておいた答えと同じことを教えて下さるから、仮の答えは正解になる。

練習は、やればやるほど自分に還ってくるし、訊ねれば訊ねるほど興味深い内容がもたらされた。

 

そーゆー事を繰り返してるうちに、遠隔レッスンを受けるようになって11ヶ月経ったあるレッスンの時、「はい〜、じゃあニィー、ヨン、ロクでいきましょ〜、宜しくお願い致します〜。」と促されて呼吸法を始めながらスーハーやってるうちにとても満ち足りた気持ちになった。

その時よりちょうど1年前の自分は、同じ時間帯に部屋で布団被ってガタガタ震えて怖くて気持ち悪くて泣きたくても泣けなくて、熱が出て(風邪ではない)一晩中苦しんでたなぁ。と思い出した。

身体はぐったりして、感情に翻弄されて、悪いほうにどんどん考えが進んで、明日は自分はどうすればいいんだろう。って思っていたのに、その1年後に、楽しいなー、面白いなー、平和だなー、安心するなぁー。って感じながら呼吸法をしてる、そのギャップとゆーか、変化に対して感慨深くなった。それで、そのときに「自分は、マスターヨーガやりたいからずっとやる」って思った。

 

・ここ最近は殆んどないんだけれど、初期〜2年ぐらいの間は、呼吸法の練習をしてると、何も考えずに息と身体の動きだけしか考えてないときと、色んな想いが溢れるときがあった。

想いが溢れるときにも、色んなパターンがあって、つい最近あったことや、慢性的な弱い面や、全く忘れていた子供の頃のことだったり。

いつのことなのか、本当にこれはゆうがたヨクサルの事なのか、よく分からないような想いが出てくることもある(いわゆるバグ)

そーゆーとき、逃げず過剰に反応せず、その様子を他人事のように観察するうちに、自分はこんな事を感じたり考えたり引きずっていたんだなー。とわかってくる。

なんでこのタイミングで想いだすかなー。って感じながらも、向き合って、ふんふん観察したり新鮮な感じで見直したりする。

そんなことがあると、必ず翌日から数日後のうちに、似たようなシチュエーションや課題が起きる。でも昔のようにはならずに、乗り換えて平気になってる自分がいる。←コレがとても不思議で、面白くて、幸せに感じる。

 

 

 

 

 

 

 

黄金螺旋を撫でる

本日は寝ぼけたことしか述べてません。

 

日曜日は体調を崩していたので、うつらうつらと寝てた。半分目は覚めていて、もう半分は夢の中まではいかないけれど、なんかこう、ボヤーっと頭の中に浮かぶ形や想いをひたすら眺めてる感じだった。

マスターヨーガ的に言えば6番メインの意識レベル。特にそうしようとしていた訳ではないから、単なる寝ぼけとも言えるけど。

 

そのボヤーっとしてる最中に、なんでか分からないんだけど、数学とかデザインだとかでよく見かけるいわゆる「黄金螺旋」が何枚も何枚も繋がって長〜い柱になってる空間とゆーか、質感のものが登場してた。

人が見て「綺麗だな」とか「いいな」って昔から人気あるやつ。あの妙に惹かれる、正方形と長方形と螺旋な。

 

頭の中で、その黄金螺旋の線や面や形を目や感覚で触れたり追いかけたりするうちに、「わー、この螺旋の集まりが続くような生き方をしたら凄く気持ちがいいだろうな。」と思った。

 

黄金螺旋の次は「フィボナッチ数」、ひまわりの花の中心部とか松ぼっくりの粒々した列びとかが浮かんだ。明治の金工師、正阿弥勝義の作品にありそうな緻密で楽しげで小気味いい小菊の花びらが浮かぶ

わー、自分と周りの人たちとが、こんな感じのチームを組んで暮らしたらきれいだろうなぁ。と思った。

 

調和とか、しっくりくる感じとか、きれいだなぁ。と惹かれるものの中に、もし自分が参加できて、且つ意識的にそれを感じる事が出来るならば、きっと自分は凄く幸せにこの世を終われるだろうなぁ。と思った。

 

単なる紙の上の数学的なものではなくて、それが自然の中とか日常生活の中にあるっていうのは、素敵だなぁ。と思いながらもう少し黄金比とか白銀比だとか貝殻の渦巻きだとかをネットで観てたらいつの間にか株相場の上がる下がるの動きかたとかにたどり着いた。すごいな、インターネット。風邪ひいてボヤーっとしてたらいつの間にかエリオット波動の解説文を読んでたよ。

いや、なにがなにやらさっぱり分からんけども。苦手だから数学分からんけども、どんなものにも「則る」はあるんだな。とざっくりまとめて、昨晩は寝た。

今朝も、今この夜でも、日曜日に感じた黄金螺旋の連続体の感覚が残ってる。これはなかなかいいものだ。

 

 

 

 

シャキシャキしてる

いつも職場の近くにあるスーパーで買い物をするんだけど、最近気に入ってる野菜がある。

f:id:yuugataJoxaren:20170908210409j:image

お店のポップには「大根菜」と書いてあったけど、普段よく見かける葉っぱ付きの大根ではなくて、太ましい根っこのついた葉物野菜。初めて見た。

食べてみると葉っぱ付き大根のほうのタイプより、柔らかくシャキシャキしてる。

何度か買って、さっと茹でて醤油とかごまで汚してお弁当に入れたりしたんだけど、晩御飯にベジ餃子を作ってみた。

f:id:yuugataJoxaren:20170908210835j:image

はい、焦げた。

でも美味しく食べれた。

この菜っ葉はクセが少ないように感じるから今度はパスタとかビーフンだとかに使ってみようかな。

自分は水餃子のほうが好きなんだけど、焼き餃子を上手に作れる人を尊敬する。あと、皮の包みかたが色々あってどれがいいのかよく分からないんだけど、子供の頃に教わった「片面だけひだ寄せる」の包みかたでずっと通してる。

 

 

勝った負けたと思うときもある

・普段滅多に、勝負について意識しないんだけれど、たまーに思うときもある。

 

週に一度、職場に他社と事業所から担当の人たちがいらっしゃる。ときには海外からのお客様もいらっしゃる。

だからと言うわけでもないけれど、せっかくいらして下さったのだから、ちょっぴりでもいいから前進するとか、今とこれからを繋ぐようなことを報告したり提案するとかヒントや答えを貰ったりだとかを心掛けてる。

 

なんとゆーか、うまく言えないけれど、スカッとする心持ちにお互いがなるように努めてる。

彼らが職場から立ち去るさいの、足どりや表情に活力のようなものを感じることができたら、コレは勝ち。になるかもしれない。

 

とってもおとなしくて、いつも笑わない人とか、ご自身のことを話さないタイプの人だとかが、何日も何ヶ月も粘って、一緒にいる間にふと笑顔を見せてくれたり、実はいまこんな感じでして〜、と自然に変化してくださる時なんかも、わーい、勝てた〜。と嬉しくなる。

 

そういえばずいぶん昔に、当時、上司としてとても嫌だった人から引き抜きで一緒に会社やりませんか。って誘われたときは、一瞬、勝った。って思ったなぁ。(もちろん断った)

 

この「勝った」と感じたときというのは、「相手に勝った、優位に立てた」という感覚よりも「妥協したり諦めたり逃げたいと揺らぐ自分自身に勝った」って印象のほうが強い。なぜか相手にはありがとう。って思える。なんでかなぁ。きっかけとか仕向けてくれたことに対してありがとうって感じるのかなぁ。

 

 

・呼吸法を続けていると、気力が沢山増えてくる。それに伴って精神力もタフになってくるんだけれど、その工程の途中は、いい感情も強まるし同様によろしくない感情も強まることになる。だから自分自身で制御していく必要がある。自分に対して負けたり勝ったりすることを繰り返す。ここを間違えちゃうと、誰かのせいにして終わっちゃうからつまらなくなる。

 

すごく簡単なところでいえば、絶対きょうは早く寝る。って決めてたのに、なんとなくダラダラネット見たりしてるうちに遅くまで起きてしまった。とか、そーゆーのは負け。

いや、でもおもしろ画像とかみれたし、いいじゃん。とか言い訳して翌朝やっぱり眠いー、時間ないー。って布団の中でウダウダやってるのはもっと負け。それを毎日続けてしまったらかなり負け。対峙するって決めてたのに、目を逸らしちゃたら負け。誰かなにかのせいにして自分を流しちゃうのも負け。

 

ああ、でも、もともと、いざ勝負。って思いながらやってきてたわけでもないから、後からこじつけで、勝ちだまけだと、わけ立ててるだけかもしれない。いいかげんな奴だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コホコホ

この時季に呼吸法をルンルンで沢山練習すると、空咳がでてくる。

気管支が乾燥するのか、なにか粉っぽいもののアレルギーなのか、コホコホと小さく咳き込みが止まらなくなるし、胸のあたりが物理的に苦しくなってくる。

こじらすとひと冬ずっと困ることになるから、ほどほどの所でやめて瞑想とかトンレンだとか、他の練習に切り替えるようにしてる。

 

空気って、呼吸するときに必要なものだし、お金払わなくてもタダで幾らでも吸えてるし吐ける。

自分の好きないい空気ってのは、どんなかなぁ。と考えてみると、思い浮かぶのは森林とかの、程よく湿った土やフカフカの落ち葉があったり、キノコやら粘菌や苔とかが倒木にあったり、木の実や花が咲いてるところなんかはよさそうだ。

草原とか畑とか田んぼもいいなぁ。

 

行ったことがないから想像でしかないけれど、気温は無視して考えたとき、岩がゴロゴロしてる赤土の乾燥した平地なんかでも、空気はきれいかもしれない。南極とかもいいな。

街の中でも、夜とか明け方とか雪や雨や霧が出てるときや、止んだ直後もスッキリして気持ちがいい。

うみ。海はどーかな。潮風とか漂着物のいろんな匂いがするけど、風が空気をかき混ぜて停滞しない感じがあるからいい部類に入るかもしれない。

 

昔の人たちが暮らしていた頃の空気と自分が今、暮らして呼吸法してるこの空気とではやっぱり違うのかなぁ。違うよなぁ。

昔のマスターヨーガを行じていた先達は、どんな空気を吸ってたのかなぁ。